<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「新政研、未来研の名刺も持ってない」 “ダミー”を強調?(産経新聞)

 【小沢氏秘書 第2回公判】(3) 

 《ダミー団体「新政治研究会」(新政研)、「未来産業研究会」(未来研)を通じて行ったとされる西松建設の献金実務を取り仕切った元総務部長兼経営企画部長への証人尋問が続く。大久保隆規被告(48)は険しい表情のまま前を向いて動かない》

 《検察官は引き続き、大久保被告と西松建設の元総務部長兼経営企画部長が献金について打ち合わせた状況を確認していく》

  [イラストで見る]小沢氏側がゼネコン側から年間約2億円を集金するシステムとは…

 検察官「(献金について西松建設の)上司に諮るとか調整すると、大久保被告に毎年話していましたか」

 証人「あまり記憶にないですが、毎年は言っていなかったと思います」

 検察官「なぜ、上司に諮る必要があったのですか」

 証人「なぜといわれても…。(献金額が)1500万円と大きかったので、私一人では決められなかったので…」

 検察官「献金について、上に諮るとか調整するというようなことを大久保被告に言ったことは間違いないですか」

 証人「間違いないです」

《検察官は記憶があいまいになりがちな証人の証言を何度も確認し、より具体的に引き出そうとする。小沢氏側への献金が、政治団体からではなく、あくまでも西松建設本社からであったとの印象を強めたいようだ》
 《ここで検察側は献金の受け皿が増えたときの状況について質問を始める》

 検察官「平成12年に小沢氏側の献金の受け皿が増えますが、なぜ増えたと思いますか」

 証人「分かりません」

 《それまで小沢氏側は、関係団体「改革国民会議」だけで西松側から献金を受けていたが、平成12年からは、ほかの政党支部と分散して受けるようになっていた》

 検察官「(献金の受け皿を)増やしたのはどちらの意向ですか」

 証人「先方だったと思います」

 検察官「小沢氏側からの要請だったということですね」

 証人「はい」

 検察官「要請したのは誰ですか」

 証人「大久保さんです」

 検察官「大久保被告ですか」

 証人「はい」

 《検察官は、受け皿についての要請が小沢氏側からの働きかけだったとの証言を引き出した》

 《検察側はさらに質問を変える。今度は、大久保被告が、献金の実際の出し手が新政研、未来研ではなく、西松建設だったと認識していたと強調しようとする》

 検察官「献金についての打ち合わせは、西松建設本社以外で行ったことはありますか」

 証人「それはないです」

 検察官「常に本社でやっていたということですね」

 証人「はい」

 検察官「あなたの名刺を大久保被告に渡したことはありますか」

 証人「初対面のときに渡したと思います」

 検察官「そのときの肩書きは?」

 証人「当時の役職ですから、(西松建設の)総務部長だったと思います」

 検察官「その名刺に(ダミー団体の)新政研や未来研の役職の肩書きはありましたか」

 証人「ないです」

 検察官「新政研や未来研の名刺は持っていますか」

 証人「持っていません」

 検察官「大久保被告には、新政研や未来研の役職について説明したことはありますか」

 証人「記憶にありません」

 検察官「西松建設総務部長ではなく、新政研、未来研の役職として大久保被告に会ったことはありますか」

 証人「ありません」

 検察官「新政研、未来研の人と懇談会を開くよう、大久保被告から依頼されたことはありませんか」

 証人「ありません」

 検察官「大久保被告から選挙の際に、新政研、未来研の名簿を出してほしいと言われたことはありますか」

 証人「私は選挙のことはやっておりませんので、そのようなことは言われていません」

 検察官「新政研、未来研の人数や活動内容について、大久保被告に聞かれたことはありますか」

 証人「ありません」

 検察官「新政研、未来研の役職員の方が、大久保被告から寄付の依頼を受けたことはありますか」

 証人「私の知る限りありません」

 《検察官は大久保被告が新政研、未来研という2つの政治団体ではなく、西松建設からの企業献金だったと認識したことを鮮明に印象づけようとした。検察官と証人の一連のやりとりの最中、大久保被告は検察側をじっとにらみつけるように見つめていた》

 =(4)へ続く

【関連記事】
献金割り振り表は「大久保被告が持参」
「平成9年当時の献金窓口は樋高剛氏」 元秘書で現民主党衆院議員
寄付ルート「毎年、大久保被告と打ち合わせた」 西松元総務部長が証言
小沢氏秘書、きょう第2回公判 西松の献金“取り仕切り役”が出廷
石川議員 立件額4億 強制捜査も検討 東京地検

不安定さが健康へ? ウオーキングシューズが静かな人気(産経新聞)
<窓ガラス破損>2日間で70枚割られる 千葉・船橋の高校(毎日新聞)
「龍馬の船」復活ぜよ!(産経新聞)
老母殺し冷凍庫に→海に飛び込み死にきれず(読売新聞)
週刊・中田宏 ブログ市長にモノ申す! 総理母からの“子ども手当”も…参院選は「自、民の負け比べ選挙」(産経新聞)
[PR]
by eeqwfvejjq | 2010-01-19 04:10

邦人20人、大部分は安否確認=ハイチ地震で平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は14日午前の記者会見で、カリブ海のハイチで起きた地震に関し、邦人20人が同国に在留しているとし、「大部分は(安否の)確認がとれている」と述べた。被災者支援については「資金援助を含めて調整中と聞いている」と語った。 

【関連ニュース】
PKO要員16人死亡=国連
米国務長官、ハイチ地震で歴訪中断=国防長官も訪豪取りやめ
被災者対応、追いつかず=国外脱出の動きも
海兵隊派遣「真剣に検討」=国連と協議へ
米ウォルマート、ハイチ支援に60万ドルの義援金

<地震>岐阜、静岡県で震度3=午前1時44分(毎日新聞)
<ねぶた>表参道をジャック 「美しすぎる市議」生出演(毎日新聞)
陸山会土地取引 強制捜査 政府内で国会運営への影響懸念(毎日新聞)
私書箱「振り込め」で悪用 相次ぐ被害 経産省が業者調査(産経新聞)
交通事故 凍結で車スリップ、川に転落 祖父と孫が水死(毎日新聞)
[PR]
by eeqwfvejjq | 2010-01-16 22:10

間寛平さん、前立腺がんに=「世界一周は続ける」(時事通信)

 ヨットとマラソンで地球を一周する「アースマラソン」に挑戦中のタレント間寛平さん(60)に前立腺がんが見つかったことが14日、分かった。同マラソン製作委員会が明らかにした。
 間さんはトルコ・イスタンブールの病院での検査で、前立腺がんと診断された。マラソンは続けられると判断され、ホルモン治療を受けながら完走を目指すという。
 間さんは「一日も早くゴールして、病気を治すようがんばります」とコメントしている。 

過活動膀胱治療薬の口腔内崩壊錠を承認申請―杏林製薬など(医療介護CBニュース)
SSが抗議船を海に放棄 殺傷力ある矢発見(産経新聞)
港区医師会が新政治団体を設立(産経新聞)
交通網調査費盛りLRT減額 堺市議会が予算承認(産経新聞)
自民党運動方針案の全文判明 「保守」を前面に 随所に民主批判(産経新聞)
[PR]
by eeqwfvejjq | 2010-01-15 14:00

国産か輸入、被接種者が選択可能=新型インフルで厚労省方針(時事通信)

 外国製の新型インフルエンザワクチンをめぐり、厚生労働省は13日、接種を受ける人が国産、輸入ワクチンのどちらかを選択できるとする方針を明らかにした。順調に承認手続きが進んだ場合、輸入ワクチンは最短で来月3日から出荷が始まり、同月中旬から接種が始まる見通しという。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
09年外国人入国者17%減=不況、円高、新型インフル原因
新型インフル本を自主回収=「事実確認が不十分」
ワクチン接種との関係調査へ=新型インフル、重い持病の死者

アバクロライダー
こんな助産師は嫌だ!
カードでお金
現金化
クレジットカード現金化 比較
[PR]
by eeqwfvejjq | 2010-01-14 09:52