小沢氏「自民党政治では救われない」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は5日、鳥取市内のホテルで記者会見し、夏の参院選の鳥取選挙区(改選1)について「自民党の政治では国民の生活を安定させることはできない。今までの自民党政治では救われないとみんな思っている。その気持ちを投票につなげれば十分勝てる」と自信を示した。また「党本部として最重要地区の一つとして全力で支援する」と強調した。

 鳥取選挙区では現職の田村耕太郎参院議員(46)が昨年12月に自民党を離党。田村氏は民主党公認候補として比例代表に回り、同選挙区の民主党公認は新人の坂野真理氏(32)が決まっている。

【関連記事】
ぶれる日本は「蚊帳の外」 米は何もしてくれない
ドタバタ民主にウルトラC!池谷幸雄氏、参院選出馬
“参院民主の乱” 「公共事業止めるな」 子ども手当「評判悪い」
民主マニフェスト検証・検討委の設置を表明 鳩山首相
「われわれにも政策論議を」民主で「政調」復活求め41議員が“決起”
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

「事務方のミスで…」遅刻の原口総務相、ツイッターで陳謝(産経新聞)
<消された年金>記録訂正の確認手段 厚年基金や健保でも(毎日新聞)
「米国は逃げ足速い」 防衛政務官が県外・国外移設派を牽制(産経新聞)
カピバラ、リスザルも盗む=ペット店店長追送検−長崎県警(時事通信)
<学力テスト>7割で実施へ 全国小中学校(毎日新聞)
[PR]
# by eeqwfvejjq | 2010-03-09 15:51

【1都4県週刊知事】東京 石原慎太郎知事 予想外の“余震”続く(産経新聞)

 「大臣がああいうバカなことを言わない方がいい!」

 都議会代表質問後の2日夜、議事堂廊下で、報道陣に「一言」を求められた石原慎太郎知事。一言を超えて出た言葉は、築地市場移転問題など議会の争点や対立する都議会民主への怨嗟(えんさ)ではなかった。

 怒りの矛先は中井洽防災担当相。東京マラソンがチリ大地震に起因する津波警報中に開催されたことに、中井大臣が「警報を出しても意味がないということになると、次回の警報が信用されなくなる」「悠々と(マラソンを)やっていた」などとコメント。これが逆鱗に触れた。

 「小笠原の情報や東京湾の地形を踏まえてやっており気仙沼とは違う。むしろ気象庁の情報が甘かった。中井某(なにがし)大臣が反省するのはそっち」

 5日の定例記者会見でも中井発言を「ナンセンス」と再び切った。想定外の“余震”が都庁を揺るがせた週となった。

政調復活目指し41人結集=安住、生方氏ら民主有志(時事通信)
個人の自由?家族解体? 選択的夫婦別姓、議論沸騰(産経新聞)
<温暖化基本法案>首相「ボコボコに」検討難航に不満(毎日新聞)
日・カザフ、原子力協定に署名=ウラン安定供給可能に(時事通信)
【私も言いたい】テーマ「国母選手の“腰パン”問題」 「不快に感じる」が8割(産経新聞)
[PR]
# by eeqwfvejjq | 2010-03-08 08:51

アーチェリー場高2死亡事故、同級生を書類送検 「ごめんね」繰り返す(産経新聞)

 東京都目黒区目黒の区勤労福祉会館のアーチェリー場で昨年11月、練習をしていた私立高校2年の男子生徒=当時(16)=の額に矢が刺さり死亡した事件で、警視庁少年事件課などは5日、重過失致死の疑いで矢を放った同級生の男子生徒(17)を書類送検した。同課によると、同級生は「(死亡した生徒が)ふざけているのかと思って矢を向けたら、力が抜けて手を離してしまった」と話している。

 同級生は事情聴取に「申し訳ないことをした。ごめんね」と繰り返しているといい、警視庁は「十分反省しており、中等少年院送致が相当」との意見を付けて送検。また同日、山下史雄生活安全部長名で、全日本アーチェリー連盟、都教育長、都生活文化スポーツ局に再発防止のための安全措置を講じるよう文書で要請した。

 警視庁は当初、施設管理者や学校の管理責任についても捜査していたが、同級生が人に矢を向けた責任は重いこと、当日は自主練習だったことなどから、立件を見送った。

 同課によると、同級生は昨年11月4日午後4時45分ごろ、アーチェリーのカーボン製の矢(長さ約70センチ)を男子生徒に向けて発射して額に刺し、死亡させた疑いが持たれている。

 当日は自主練習をするため放課後に2人で同会館を訪れたが、死亡した男子生徒が先に打ち終えて矢を拾いにいこうとしたところ、同級生が約5メートルの至近距離から矢を発射。直後に男子生徒は刺さった矢を自分で抜き、救急搬送中も意識はあったが、その後意識不明となり、同月8日に死亡した。死因は外傷性脳挫傷で、頭蓋骨の後頭部にもひびが入っていた。

【関連記事】
再発防止へ検討委 高校生アーチェリー死亡事故で
アーチェリー死亡事故 臨時総会で安全宣言採択
アーチェリーの矢が刺さった高校生死亡
頭にアーチェリーの矢が刺さり高校生重体

<大津波警報>青森〜宮城に発令 午後到達、最大3メートル(毎日新聞)
政治とカネで与野党「協議機関」に各党前向き(産経新聞)
<北教組事件>「逮捕者は遺憾」文科相(毎日新聞)
<自民党>中川秀直元幹事長が勉強会 郵政改革法案阻止で(毎日新聞)
陛下が「内井昭蔵展」ご覧に 皇后さま、お風邪の症状(産経新聞)
[PR]
# by eeqwfvejjq | 2010-03-06 11:56

<石川知事選>現職、新人の4人が立候補(毎日新聞)

 石川県知事選が25日告示され、現職と新人の無所属4人が立候補した。現職最多に並ぶ5選を目指す谷本正憲氏(64)の多選の是非が最大の争点。3月14日に投開票される。

 谷本氏には、県連レベルも含め民主、自民、公明、社民が相乗り。「生活先進県」の実現を訴える。

 元民主衆院議員の桑原豊氏(64)は「多選阻止」を掲げ、情報公開、地域格差の解消などを主張。元会社員の米村照夫氏(70)は、多選を批判し、東芝社員時代の海外経験から国際交流推進を訴える。「新しい県政をつくる県民の会」の木村吉伸氏(58)は大型開発から生活福祉へ県政転換を訴えている。【野上哲】

 立候補者次の通り。

(届け出順)

桑原(くわばら)  豊(ゆたか)64[元]衆院議員=無新

米村(よねむら) 照夫(てるお)70[元]会社員=無新

木村(きむら) 吉伸(よしのぶ)58団体役員=無新[共]

谷本(たにもと) 正憲(まさのり)64知事=無現(4)[社]

【関連ニュース】
2010知事選:あす告示 谷本県政の是非を巡り、現職と3氏の争いか /石川
2010知事選:ネットで、街頭で 投票率アップへ啓発−−県選管 /石川
選挙:知事選 「選挙が社会変える一歩」 予定者公開討論会−−金沢 /石川
選挙:知事選 5選へ気勢 現職谷本氏、事務所開き /石川
寄付:朱鷺保護協会・村本さん、県に資料1700点 /石川

ヨットも沖合に避難「チリ地震津波が教訓」 宮城・石巻(産経新聞)
チリ中部で津波を観測…気象庁発表(読売新聞)
生活保護費、内妻に5年半不正受給させる 岡山、容疑の男逮捕(産経新聞)
<訃報>中村寛一さん87歳=元百十四銀行専務(毎日新聞)
<詐欺容疑>国選弁護費用を水増し請求、弁護士逮捕 岡山(毎日新聞)
[PR]
# by eeqwfvejjq | 2010-03-04 21:11

「幹事長として選挙に勝つ」=民主・小沢氏、続投の意向強調(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は25日夜、都内のすし店で新党大地の鈴木宗男代表と会談した。鈴木氏によると、小沢氏は「与えられた職責をしっかり果たす。それは幹事長として選挙に勝つことだ」と述べ、幹事長を続投し、夏の参院選で民主党の単独過半数獲得を目指す考えを強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
小沢氏を怒らせた「農業土木一家」

自民が審議復帰を決定、3日ぶり国会正常化(読売新聞)
鳴門教育大学大学院教授 赤松万里氏死去(産経新聞)
昭和時代の日本の勅令一覧
<女性死亡>62歳妻の首に絞められた跡、心中図る?(毎日新聞)
「政治とカネ」で協議機関=与野党幹部が大筋一致(時事通信)
[PR]
# by eeqwfvejjq | 2010-03-03 10:46